今の私にできることをコツコツやるのみ。


フリースクールカラフル金沢に関わり始めて、はや3ヶ月…

私は時々、

考えこみます。

いや、

時々じゃないかもしれません。

 

ある方の真似をした言い方をすると

私は、「ポンコツ」です。

まだまだ経験がないこともたくさんあるし、

知識もまだまだ足りません。

根性だけでは乗り越えられない事、

山ほどあります。

そのことが身に染みた3ヶ月でもありました。

初めてかけてもらった言葉、

初めて体験した出来事、

自然体で居られる場所、

「助けてください」と言える仲間の存在、

久しぶりに感じた無力さ(最近はそんなことも考えたこともなかった)、

自分の弱みにも気付けたり….

本当に貴重な時間だと感じることばかりでした。

そしてこの3ヶ月、

想いは一つも変わらなかった。

不登校の子を持つ親になってから

今年は8年目。

1人目の不登校だった子は、今は専門学生になり、

2人目の子は来年中学生。

同じ不登校でも、その子その子で事情は違うし、

接し方も違う。

けれど、どちらの子の場合も、

私にいろんなことを学ばさせてくれている。

そして、

今はフリースクールで出会う子ども達からも

たくさんのことを学ばさせていただいている。

我が子もそうだけど、フリースクールに通ってくれている子も、

色眼鏡を外すと、本当に楽しいことがたくさん!

こころで繋がっていくような感覚。

毎日にほんと、感謝しかない。

その感謝の気持ちを

今困りごとがある方に恩返しのつもりで

お役に立ちたいと心底思います。

今の私にできること

それは

毎日自然体でいること。

それは

発達障害を持っているとか、

知的障害があるとか、

精神疾患があるとか、

そんな先入観という色眼鏡は付けず、

ただお互いに「楽しい!!」と感じれるように

存在を大事にし、感じ、気取らない、正直な私で接する事。

そんな毎日をコツコツ続けることが

私にできることだと思っています。

それが

社会や学校を変える

ことに繋がっていくのだと信じています。

でも、これは一人ではできないので

いろんな方と協力していきます。

本日は金沢市市議の荒木さん。

フリースクールパートナーとしての意見、

親の会としての意見、

不登校の子を持つ親としての意見や出来事を、

荒木さんに聴いていただきました。

現実に

真っ只中にいるの私たち当事者。

その声から解決方法は絶対生まれるはず!

現場から生の声をどんどんお届けして、

これからの未来のためのヒントや方法を見つけていただけるよう

定期的にお話させていただいております。

 

少しずつでも前進できるように……!!!

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です