今日もメンタルの話。


昨日に続き、メンタルのお話。

「自分は生きている価値なんて、ない。」

「自分以外の人は、どんどん先に進んで、キラキラして見える」

「自分は何もしていない、何もできない」

「自分には生きている意味があるのか….」

「自分がこの世から消えても、誰も悲しまない。」

と、私も思ったことあります。小さい頃から、大人の顔色や、友達の言葉の語尾を読み取る癖があった私は、

いつも自分に自信もなく、自分の価値も見い出せず、自分の存在が不必要に思えたり、していました。

大人になってからも数年前まで

時々、こんな状態に陥ることもありました。

昔と違うのは、ネガティブな自分も受け入れる事が出来るようになったことです。

ネガティブな自分があって、今の自分があると思えます。

それともう1つ、

ネガティブに思っても、ポジティブに切り替えるまでの時間が短くなっただけです。

今の私

上に書いたように、いろんなことがあったからこそ、

同じように感じた人の話、しっかり聴ける…と思います。

 

「近くの身内より遠くの他人」

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です