西洋の漢方と言われるアロマテラピー


不登校のお子さんやその親御さんに関わっていると

心療内科に通い、薬を処方される方を多く見かけます。

本当に必要な場合も、もちろんあるとは思いますが、

どこに行ったら今の心境が楽になるのかわからず、まだ薬に頼らなくてもいい段階の方も

中にはおられると

ある心療内科の先生からお聞きしたことがあります。

そんなときに

私が試した方法が「アロマテラピー」です。

アロマテラピーのメカニズム

五感の中で唯一脳にダイレクトに伝わるのが「嗅覚」です。
香りの分子を嗅覚がキャッチすると、感情や本能をつかさどる「大脳辺縁系」や、自律神経系をつかさどる「視床下部」にその情報が伝わり、

体温や睡眠、ホルモンの分泌、免疫機能などのバランスを整えます。
また、アロマテラピートリートメントなどによって、精油成分が皮膚から身体に働きかけることもわかっています。

アロマテラピーのメカニズム

アロマテラピーの楽しみ方

芳香浴法

実践的なアロマの知識

精油を拡散して香りを楽しむことで、心と身体のバランスを整える方法です。

・ティッシュペーパーやハンカチに1~2滴垂らしてデスクや枕元に置きます。

・アロマポットやアロマディフューザーなど、専用器具を用います。

心に届くアロマ

≪鎮静系≫ 心を鎮め、リラックスしたい時、不眠解消 ラベンダー イライラ、不安、不眠、緊張、鎮静
≪調整系≫ 心身のバランスを調整 ゼラニウム 情緒不安定
ベルガモット ストレス、不安、憂うつ症、情緒不安定
フランキンセンス 恐れ、悪夢
ローズウッド ストレス、情緒不安定

※妊娠中は使えないオイルもありので要注意!

 

 

今日はこれでおしまい。

最後まで読んでくださってありがとうございました。

(12日目 完)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です