あなたはどちらがいいですか?


あなたはどちらがいいですか?

1.素敵な家と古く汚い家
2.人との繋がりの中で幸せを感じる毎日とお金との縁はあるけど孤独な毎日

3.食べることに困らない毎日と食べることに困る毎日

4.健康体と病気ばかりの体

5.戦争が絶えない世界と平和な世界

6.想像は出来ても実際は動けない毎日と、思った通りに動ける毎日

人って、残酷なところがあって、自分より不幸な人の話を聞いたり見たりすると

「あれに比べると、私はまだましだ!」と安心する時があります。

何が言いたいのかというと、

隣の芝生は青く見えても実際は青いわけではないこともあるし、

暖かいところにいれば、その場所がどんなに幸せな場所かわからず、

ただ当たり前に思ったりすると思います。

たぶん、こんなときは

「周りの物や人に感謝しなさい。」と

難問や、苦難がやってくるような気がします。

私は子どもが不登校になったことで、

いろんな当たり前のことに対して、感謝が出来るようになったと思っています。

不登校になってくれたからこそ、視えなかったものも視えてきた気がします。

悪いこと、

嫌なこと、

迷惑なこと、

めんどくさいことに、

焦点を当てるのではなく、

 

良いこと、

好きなことなど、

すべてのことに対しての「良いこと探し」をやってみるのもいいのかもしれません(*^-^*)

 

きょうはこれでおしまい。

最後まで読んでくださってありがとうございます。

(13日目 完)

 

 

 

 

あなたはどちらがいいですか?” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です