夢を語ること とは


本日Let’s talk about dreams!(夢を語ろう!)イベントがありました。

このイベントは、子どもとたちに大人になったら、大変なこともあるけれど、

楽しいこと、ワクワクすることも、たくさんあるんだよーって、伝えたくて、思いつきました。

仕事に追われているお父さん、

家事に追われているお母さん、

忙しそうに見える大人たち…..

子どもたちから見たら、どう見えてるんだろう。

 

私も数年前までは、

我が子を育てるために、辛いことやしたくないことも頑張って、がんばって、仕事をしていました。

働かねばならない

やらなければならない….

….ねばならないこと」に追われてて、

家ではイライラなんてしょっちゅう…

 

でも、一生懸命がんばって、やっている姿をみた我が子には、

 

こんな大人になりたくない

 

と思わせてしまっていたことがわかりました。

それに気が付いた時、

自分で選んでしている仕事が辛くなったら、どこか子どものせい・人のせいにしていることがわかりました。

 

生活をするためにする仕事も、子育てをするための仕事も、

自分自身の夢を持ったら…というか自分を主に考えると、、見え方が変わり、

辛い中にも楽しいことがあることも思い出しました。

だからもっと、

自分が楽しく感じるように考えよう!

と思うと、

自分のやりたいことの一つが、子育てなんだ!

って思いました。

子どもが行きたい大学に行かせたいのは誰??

私だ!

って感じに考えました。

そんな風に考えてるうちに、自分と子育て(でかかるお金)を切り離すことが出来て、

自分の夢を持つようになりました。

ちょっと、略して書いちゃいましたが、伝わるかな?

まぁ、そんなこんなで、夢(自分)を忘れちゃったように見える大人たちも、本当は夢(自分)を持っていることを

思い出してもらい、

大人たちにも、大人って楽しいんだよ!

って伝えたかったのです。

今回参加してくださった方は、しっかり持っていましたけどね!(^_-)-☆

イベントの様子といえば、

もうすでに夢を持っていて、楽しんでる人、

人の夢を聴いて、モヤモヤからスッキリに変わった人、

もう夢はほとんど叶っているので、人の夢を叶えるお手伝いをしたい人、

人の夢を聴いて、自分の夢を考えてみた人、

などなど、

とにかく、楽しい時間でした!!

 

来てくださった皆様、本当にありがとうございました!!

また、このような機会を作らさせて頂きますので、今日来られた方も、来られなかった方も

次回ご都合が合えば

ぜひいらっしゃってくださいね!!

お待ちしています。

 

なんだか、モタモタな文になってしまい、失礼いたしました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です