これからの働き方


30代男性の

社長さんから私の世代では考えられない仕事の話を聴いた。

私達の世代は安定した仕事と言えば、福利厚生が整っていて、給料も安定していて、残業もあまりない会社の

「正社員」

けれど、今の時代は、ちゃんと厚生年金を支払っても、何歳でもらえるのか全く見当もつかないし、

働き方改革などで、残業も厳しくなっているから、給料アップも厳しい。

おまけに、正社員は税金もきっちり払わなきゃいけないし、正社員が安定していると、国が思いこませ、

国庫金の確保をしている…と。

なので、もっとお金を稼ぎたい!!と思う人には、正社員は厳しいという考え。

一方で

個人事業主だと、経費も自分で払い、働く時間も自分で決め、将来の老後のための年金も自分で貯め、

給料も自分で決められる。

と.聞いた。

この自由には「責任」も伴うから、お母さん目線で行くと、本当に心配。

けれど、

社長さんの話によると個人事業主でも

安定してお金をもらえる仕事もあるという。

 

常識にとらわれている世代の私には、なかなか思いつかないかもしれないけれど、

そうじゃない若者には、きっと、思いつくのかもしれない。

何を仕事にしたら安定したお金をもらえるのか、

世が求めていることを先読みし、

稼げる仕組みを作ることが

知識・多くの経験・自分と関わる人・人とのコミュニケーション


が本当に大事だなぁと感じた時間でした。


 



 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

自立性

次の記事

痛ましいニュ-ス