生きてるだけでまる儲けの本


これは、和佐大輔さんという「伝説のブロガ-アフィリエイタ-」と呼ばれている人が書いた本です。彼は12歳から首から下の運動機能が全くなくなっているにもかかわらず、17歳で1億円を稼いだ男です。

私は衝撃を受けました。不登校の目の前に居る子供の未来がパァ~と明るく見えてきました。私達が大人になる頃は、いっぱい勉強して、良い大学に入って、良い会社に就職して、素敵な旦那様と結婚して、、、というのが、幸せの王道でした。

でも、もう時代はどんどん変わっていってます。

ここから少し、和佐さんの本を引用すると

これからはAIが世界を変えていく

「モノ」を作ることはAIでもできる。

むしろロボットの方が上手にできるかもしれません。

つまり、モノづくりをビジネスにする時代が終わろう
としているのです。

これは他の業種でも同じです。

モノづくりがロボット化されるなら、例えば、タクシー
や運搬業も自動運転やドローンに置き換わっていくで
しょう。

サービス業だってファストフードやコンビニの店員は

ロボットに置き換わっていきます。

要は自動販売機でいいわけですからね。

そうやってあらゆる分野でロボット化やAIの活用が進
んで、僕らは「仕事」というものを再定義しなければ
ならない時代を迎えます。

モノづくりや単純労働はもはや人間の仕事ではなくな
り、僕らはもっと人間的な役割を要求されるようにな
るでしょう。

これを読んだら、私が大人になる頃の「幸せの王道」なんて、めっちゃくちゃ、時代遅れだと思いました。

薄々気が付いてはいたけれど、きっかり捨てる勇気が持てました。これは「幸せの王道」をしてるというより、今までの常識を捨てる勇気が持てたということです。

とにかく、読んでみてください。

人それぞれかもしれないけど、学校に行けない・行かないことで「ダメなこども」「ダメな親」という感覚はなくなるかもしれませんよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です